【国内旅行】鳥取県 カニのフルコースが美味しい「旅館大橋」に宿泊

子どもの頃は 温泉なんて そんなに好きではなかったけど

大人になると定期的に温泉に行きたくなります。

あたたかなお湯の中に入る瞬間の極楽感。最高です。

慢性肩こりを少しばかり 癒してくれる温泉。大好きです。

 

今回は鳥取砂丘への旅路の途中で少し寄り道。

鳥取県・三朝(みささ)温泉へ やってきました。↓↓

口コミで選んだ老舗旅館「旅館大橋」は蟹好きがうなる旅館だった

お宿名称 旅館大橋
住所または最寄り駅 〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町三朝302-1
タイプ 旅館
ホームページ https://www.o-hashi.net/
備考

 

古い歴史のある旅館だそうで。

一休での口コミもかなり良く、期待が高まります。

野外の温泉を目撃

川沿いを歩いていると、川の端っこに、天然の温泉が。(すみません、直視できないから写真には撮れなかった)

まさに野外の、露天風呂。

入りたかったのですが、よくよく近づいてみると、

先に先客(地元の人と思われるおじさんたち)が入っていたので、思わず目をそらす。

それにしても、外から結構見えるので、女性で入るのはかなり勇気がいります。

着替えをする目隠しなどもないので、地元の慣れた人でないと入るのは容易では無いかもしれませんね。

でも、勇気ある方は是非見にいってみてください。

なぜ「旅館大橋」を選んだのか

今回も例のごとく、きつねさんの厳しい審査により旅館選びは難航。

ただでさえ、あまり多くの宿がないエリアだったので候補数が少ない。

そんな中でも「一休」での口コミの良さが決めてになって

この旅館大橋を予約することに。

今回は5人での滞在だったので、露天風呂付きの広めのお部屋があることと

素敵なお料理もポイント高し!

お出迎えのお茶とスイーツを待合でゆるりといただく

午後、旅館へチェックイン。

入ると旅館のスタッフさんが笑顔でお出迎えをして 荷物を預かってくれました。

広々としたロビーの待合処で ほっと一息。

「こちら、どうぞ」と出された お出迎えのスイーツは、梨香餅と、お抹茶。

温泉旅館に来たと言う感じがしてとっても最高ですね。

開放感のある大きな窓からは、とっても素敵な川の景色が見えて、

すがすがしい気持ち。

お部屋チェック

今回は人数の関係もあって(5名で宿泊)、一番広い「特別室」に宿泊しました。

お庭はキレイでしたがお部屋は少し古い印象。

上の宿泊客の声が聞こえたりなどでちょっと音が気になりました。

お部屋の窓から見える庭は素敵。

露天風呂もついています。

ちょっと内装が古め

露天風呂からは川の音と開放感のある外の景色を堪能

旅館の目玉はなんといっても、露天風呂!

今回の宿泊も、もちろんお部屋に露天風呂がついています。

「特別室」だったのでお部屋に露天風呂が2つ付いていましたが

そのうちのひとつがまともにお湯が出なかったのが残念。

(なので1つしか入らなかったです)

けれど、そこそこ広く、庭付きでなかなか素敵なお風呂でしたよ!

ただ、お湯がすごく熱すぎてびっくり!

5分経っても10分経っても全然入れなかった!!!!

裸のまま 必死でお湯をかきまわして冷ますわたし。

ちょっとまぬけでした。

ひとたび お湯が冷めてきたら あとはゆっくりと露天のお風呂を堪能できます。

ただ、残念なのは ついたてがあることで お湯に入ってしまうと川側の緑が全然見えないこと。

だから、ときどき外の緑を見るために 立ち上がるわたし。

またまた まぬけです。

けれど、お部屋にお風呂がついているのは本当に便利。

ポイント高しです。

本日の目玉。蟹好きをうならす、蟹尽くしのコース料理

こちらの旅館で何よりも楽しみにしていたのが、晩御飯。

エアビーなどのレンタルハウスも好きなのですが、

料理は自分たちで準備をしなければいけないことが大半のため、やや面倒です。

やはり、旅館の良いところは、素敵なお料理が待っているところ。

お風呂を堪能したら、その後は、別室にご案内いただいて素敵な夕食タイム。

◆蟹づくしのコース。

お食事はとっても美味しかったし、手が込んでいて見た目も楽しかったです。

かにを使ったお料理のボリュームがすごい。

とにかく、かに、かに、かに!!という感じ。

かに好きの人にはたまらないお食事です

食前酒には梅酒、

薬膳は、旬菜の盛り合わせ10点盛り

カニ刺し

かにすき鍋

焼き蟹

カニの天ぷら

姿茹で蟹

カニ雑炊

腕物

香のもの 3種盛り

季節の果物

と、怒涛のカニづくし。

カニが大好きなきつねさんも、これを楽しみにしていたようです。

 

かにの身が甘くて美味しかった!

一度お部屋を暗くして、ろうそくの明かりを楽しむ演出も。

途中には、ちょっと粋な演出も。

カニのお料理に、花火がついていて

いちどお部屋を暗くして火の明かりを楽しむ演出もされました。

ゆっくり食べたい人には、不要かもしれませんが、私のような者にはとっても嬉しくて、

楽しかったです。

 

お子様セットももりだくさん!

 

後にも先にも、こんなにたくさんのカニをずっと食べたのはこの時だけだったかもしれません。

しかも、どのかにも、甘くておいしかった。

楽しかった!けれど、やや気になったところ

これはもう、温泉街にはあるあるで仕方がないことなのですが、

やはりこちらの三朝温泉も 少し古びている町という印象。

活気はあまりなくて 「明るいおもてなし」というよりは「老舗」という感じでした。

周囲には 子どもが楽しめるような施設もほぼ無いので お子さんには少し退屈かも?

お宿周りのアクティビティは散歩か温泉街を楽しむ

何も無いとはいえ 川沿いを散歩したり、古い温泉街をぶらぶらして

昔ながらの遊びを楽しむのは良かったです。

テレビ取材も来ていた 昔ながらの遊び場

近くのお店では こんな懐かしの風景も。

テレビ取材がたくさん来ていた様子。

このあと数ヵ月後に たまたまテレビをみていたら やはりまたテレビで取材をされていました!

お宿の料金

子連れだと「準特別室」には泊まれないとのことで 今回は「特別室」に泊まりました。

お費用は1名3万円前後です。

部屋の広さは充分。週末や休日になるともう少しお値段が上がるかもしれません。

総合評価

ご飯が美味しい旅館でした。

お夕食は☆4.5の評価!

これでもか、これでもかと次々に蟹のお料理が出てきて、おなかがいっぱいになりました!!!

お部屋、お風呂、接客、温泉街も良く、鳥取砂丘に立ち寄るにはちょうど良い旅館でした。

 

川沿いのさくらがきれい!

まとめ

この時期、川沿いに満開に咲く桜の景色がとっても綺麗でした。

蟹づくしのお食事も美味しかったです。

夕食のかにづくしコースのボリュームがすごい!!!

三朝温泉はややさびれた印象がある温泉街ですが、

カニ好きな方やお食事を楽しみたい方にはオススメです。

今回は鳥取砂丘と合わせての観光巡りだったので、ついでに寄る温泉地としては とても良かったです。

(単独でリピ通いするにはちょっと遠いかな・・・)

日頃疲れた体を、ぜひ美味しいお食事と温泉で癒しに行ってみてください。

 

 

ぴよコメント:とにかくごはんが美味しかった!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mia

仕事大好きのワーカホリックが、30代で仕事をほぼ引退。家族で旅に出る。海外でのスローライフや、愛車で巡る日本国内の旅をブログに掲載。特に、5つ星ホテルや素敵なリゾートホテルをメインにレビュー紹介しています。