大阪モーターショーに行ってきました

こんにちは、Miaです!

私は、以前は趣味といえるものもなく、
仕事一筋だったのですが

車を買ってから 人生が一転しました。

 

それまでは海外旅行が大好きでしたが
今では車で行ける範囲の旅行先しか行きたくなくて
ぱったりと海外に行かなくなりました。

 

長時間のドライブを楽しむようになったら
家族と車の中で語り合うことが増え、
パートナーの新たな一面を見たり、
家族との思い出がたくさん増えました。

 

ハーマンカードンという、最高のスピーカーを手に入れたことで
音楽目当てにバーに行くこともなくなり
かわりに家族との時間をたくさん作るようになりました。

 

1秒でも長く、車に居たい!ということで
仕事人間だった私が、仕事を半分引退し、
仕事以外の世界を楽しむこととなりました。

 

人生ではじめて、F1レース観戦に行き、
もっと世界中のF1レースを見に行きたい!
と、新たな人生の楽しみも見つけました。

 

イギリス国営放送「BBC」の番組、「トップギア」を
家族と晩酌をしながら楽しむようになり
お酒も美味しく飲めるようになりました。

▲ イギリスの人気番組「トップギア」。超ロングランシリーズ。シーズン24では
アメリカの人気ドラマ「フレンズ」のジョーイ役で有名なマットがホストを務めています。
番組の中では迫力あるスーパーカーのレースや美しい海外の田園の風景を楽しめるだけでなく
日本だったら炎上しそうなむちゃくちゃでお茶目ないたずら企画が満載で、すっごく面白いです。

写真引用:BBC

 

そんなふうに、私の人生を変えてくれた、車。

 

イベントのチケットを取るのを超面倒くさがっていた私が
久々に取ったチケットが、

「大阪モーターショー2019」でした。

開催は12月。

1ヶ月前からチケットを予約購入して
楽しみに待っていたこのイベント・・・。

東京モーターショーほどの規模はありませんでしたが
それなりに盛り上がっておりました!

ということで少し その様子をレポートしてみました!

基本情報

大阪モーターショーって?

国産車・輸入車・二輪車・キャンピングカーなどなど
様々な車が一同に会する 西日本最大級の車イベントです。

2019年は2019年12月6日(金)~9日(月) の 4日間開催されました。

今年のサポーターは蝶野さん。
大阪市長の松井さんと ともに、トークショーのステージにも来ていました。

イベント入場料

イベントを楽しむためには 入場料が必要です。

大人 : 当日 1,700 円 ( 前売り 1,500 円 )
大学・専門学生 : 当日 1,500 円 ( 前売り 1,300 円 )

チケットは前売りがお得。
コンビニで受取して事前に準備万端!

会場の10時前から並んでいました。
寒い中、ドアが開くのを今か今かと待つ・・・。

会場内。

平日ですし、時間が早いこともありまだ人はまばら。

館内へ入ったら、会場目指して奥へ奥へと進みます。

みどころ

◆会場へやってきました!!!

それぞれの館に、たっくさんの車が集まっています。

アウディ

こちらはアウディ。フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーです。

我が家の きつねさん が お気に入りのメーカーです。

アウディといえば、「スパイダーマン」や「アベンジャーズ」の映画で知られるマーベルと
コラボをして こんなコマーシャルを作っていますね。

スパイダーマンであるピーター・パーカーが初めて教習テストに行く場面のコマーシャル。

教官:「15歳にしてはいい車だな!」

ピーター:「友達のトニー(=アイアンマン・ちなみに超リッチ)の車なんだ♪」

などなど、

マーベル好きには たまらない 内輪ネタなんかもあって

思わず笑っちゃう、お気に入りのCMです 笑

 

マセラティ

マセラティは、イタリアのモデナに本社を置く高級スポーツカーメーカーです。

私が一時ハマっていたNETFLIXのオリジナルドラマ

「クイーン・オブ・ザ・サウス」

メキシカン・マフィアのクールな女ボスであるカミラ・ヴァルガスが乗っていた車。

写真引用:netflix

カミラはハスキーボイスで、いつもひょうひょうとしていて、

年齢高めなのにセクシーで、カッコいいです♪

主人公のテレサ(カミラの敵でマフィアの新ボス)よりもカミラが好きです。

そんなわけで、彼女がセクシーに乗りこなしていたマセラティも好きです。

 

ちなみに、マセラティはグッズも可愛い!

マクラーレン

マクラーレンは、イギリスの自動車メーカーです。

こちらは「公道を走る中で最速の車」と言われていた 

マクラーレン720S

お値段 3500万円~4000万円。

Netflixで放映されていたリアリティ番組「Fastest car – 最速の称号」の中で

無邪気なショップオーナー、ジャスティンが乗っていた車のメーカーです。

このリアリティ番組「Fastest car – 最速の称号」では カスタムカーとスーパーカーの対決レースが見どころなんですが

この回に出ていたジャスティンは”異色のスーパーカー・オーナー”。

高級車を持ちながらも、ほかの成金オーナーとは異なり

車への情熱や知識が半端ないし、全然かざらない。

最初は「スーパーカー・オーナーなんて車の知識も持っちゃいない」とバカにしていた

カスタムカーオーナーたちも、

レースでジャスティンの知識と技術を見せられ 更に ぶっちぎりで勝利された後には

さすがに「あんたには完敗したぜ!」と握手を求めるのであった(笑)

そんなジャスティンが乗っていたのが このマクラーレン720S。

車のラインがめっちゃ綺麗です。

で、モーターショーの会場ではこちらが見れました! ↓↓↓

照明に照らされて、さらに輝いてます♪笑

 

アストンマーチン

アストンマーティンは、イギリスの乗用車メーカーです。

そして、イギリス王室御用達の車。

実際に見てみたら めちゃくちゃ色がかわいい!

今まではあまりチェックしていなかったのですが今回ひと目で好きになりました!!

こちら価格は5000万~6000万円ほど。

値段も一流です。

テスラ

カリスマ経営者であるイーロン・マスク氏がCEOを務めるアメリカの大手会社。

電気自動車分野の開発も進んでいます。

アメリカではハリウッドのセレブが好んで乗っていたりで有名なブランド。

日本ではあまり知名度は高くないと思うのですが

こう見えて一応、高級車の層に当てはまります。

1500万~2000万円くらいでしょうか??

ちなみにアメリカ・ハワイでもテスラ車の展示がありました。
アメリカ人観光客に人気!

イーロン・マスクはアメリカを代表するカリスマ経営者の1人。

近年の動向は発言に不安定なところもあるようですが

ぜひ電気自動車の開発開発やロケットの開発など、進めていただきたいなと思います。

ホンダ

いわずと知れた日本を代表するブランド。

こちらのホンダのブースはとても広く、人がにぎわっていて すごく人気のエリアでした!

ホンダといえば、ファミリーカーのほかにもF1で有名ですよね!

私もF1カーを激写。

レッドブル&ホンダのマシンです。

ちなみに私も2019年は、個人的に鈴鹿サーキットにF1決勝レース観に行きました。

間近で、マシンの数々を見ることができ、

さらに独特のエンジン音も体感することができて 本当に楽しかったです。

超高速なので目の前を走るマシンは一瞬で通り過ぎていきます。

あのスピードで、何時間も走るだなんて本当に集中力が凄いです。

鈴鹿のサーキットでは、皆さん それぞれのチームのキャップやつなぎを着てくるなど気合十分。

F1を見た観覧客は、遊園地エリアにも入れるなので満足感たっぷり。

ぜひ今後も引き続きF1レースを観に訪れたいと思います!

カスタムカーエリア

色々なカスタムカーがありました。

▼ ランボルギーニ

▼ BMW

▼ ポルシェ

ちなみにポルシェといえばこちらの2つがお気に入りです。

1)映画ばりに長い、ポルシェのコマーシャル。

小さな男の子の、最後のひとことが可愛らしいです。

2)最近ヘビロテの曲 Nellyの「Hey Porsche」

この曲はドライブ中によく聴いてます。

ポルシェユーザーではないくせに「へーい ぽーるしぇっ♪」ってつい歌っちゃいます。笑

フードフェスタも開催!

別会場ではフードフェスタも開催。

数々の出店が並んでいました。

中でも人気のラーメンこがね家のとんこつラーメン。

濃厚で美味しい!!!

 

うにコロッケ。

お安いのにしっかりと濃厚なウニの味が楽しめました。

そのほかの車たち

◆自衛隊のブースや日本車のエリアもにぎわっていましたよ。

とくに、ダイハツのエリアは雰囲気が明るくて力も入っていました。

1番興味があるのは未来の車。

未来の世界はどんなふうになっているのか、ぜひ見てみたいところがありました。

今回は、ダイハツエリア及びトヨタのエリアで未来の車を見ることができました。

スタイリッシュで、そしてもちろん電動自動、自動走行などの特徴がある車を見ることができました。

個人的には、もっともっとたくさんの未来の車が痛かったのですが、東京も多少ほどの希望は無いのが残念です。

すべての車が自動走行の時代が来ると、車での移動もより安全に快適になりそうで楽しみですね。

自衛隊のエリアでは、

明細柄の装甲車など。一緒に写真をパチリしました。

まとめ・感想

◆東京モーターショーに比べるとやはり規模が小さい感じでしたが
なかなか楽しめました。

来年はもっと未来カーや色々な車が観たい!!!

 

 

ぴよコメント:来年もぜひ行きたいです♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mia

仕事大好きのワーカホリックが、30代で仕事をほぼ引退。家族で旅に出る。海外でのスローライフや、愛車で巡る日本国内の旅をブログに掲載。特に、5つ星ホテルや素敵なリゾートホテルをメインにレビュー紹介しています。